ナカノカナ(Nakano, Kana)

 

アーティスト・人形&物語作家

 

1973年福岡県生まれ・大阪府在住

高校卒業後、郵便局に勤務。

退職後、独学でぬいぐるみをつくり始め、2012年【縫々王国】(ヌイヌイオウコク)として活動を開始。

「fave fun !(楽しんでね!)」を合言葉に、ユーモアあふれる懐かしく優しい人形世界を表現している。


【縫々王国の誕生について】

はじめまして、縫々王国のクリエイター・ナカノカナです。

縫々王国誕生のきっかけについてお話します。

 

私は5人兄弟の長女として誕生し、子どもの頃はよく祖父母の家に預けられていました。

寂しがりな私に祖母が枕元で聞かせてくれたのは、私とクマのぬいぐるみのコロちゃんが楽しく暮らしているおはなし。

私にとってぬいぐるみは、立ったりおしゃべりしたりが当たり前な、友達のような存在でした。

 

裕福な家庭ではありませんでしたが、本と子どもと音楽の好きな両親のもとで芸術に触れ、物語や空想の世界に浸ることに楽しみを覚えるようになりました。

学生時代は美術部と文芸部に所属。表現することをもっと学びたくて美大進学を目指しますが、家庭の事情で断念…。そのまま就職し、社会人となります。

 

その後も仕事や子育ての合間に趣味で絵を描いていましたが、ある時息子のためにクマのぬいぐるみをつくったことがきっかけで、ぬいぐるみづくりに目覚めます。

当初は本にならってテディベアをつくっていましたが、なんだか親しみがわかない…

そこで自分で型紙をおこし、集めていた宝物のボタンを使って、カエルやトカゲなど他のいきものたちを手探りでつくり始めました。

 

一体の黒ウサギのぬいぐるみが誕生したとき、その子はボタンの瞳を輝かせながら、コロちゃんのように私に語りかけてきました。

自分のこと、そしてぬいぐるみたちが暮らす王国の物語 ―――

それが【縫々王国】誕生のきっかけとなります。

 

独学ながらも思い切ってアートイベントに出展してみたところ、いろんな方から声を掛けて頂けたことが何よりも嬉しくて…。

これまで私が出会ってきた数々の物語(ファンタジー)のように、私の創る人形ファンタジーの世界が誰かを幸せにする魔法になるようにとの願いを込めて【縫々王国】を発信していくことを決意。

現在、キャラクターである「ボタンウサギ」の人形制作や、彼らの活躍する物語や王国世界などを造形作品や絵本などで表現発信しています。

 


【活動歴】

2017年

 「arteVarie」(インテックス大阪) 

 グループ展「DECO WALL展」(東京・Gallery DAZZLE)

 企画展「ZINE Week」(東京・Gallery DAZZLE)

 「ベラドンナ・アート展」(東京都美術館)

 「関西コミティア」(インテックス大阪)

 

2016年

 個展「縫々王国 展示会 ウサギの国のティーパーティ」(大阪・雑貨17)

 「縫々王国 プチ個展」(大阪・Makadii*)

 「artDive」(インテックス大阪)

 「arteVarie」(インテックス大阪)

 「関西コミティア」(OMM)

 

2015年

 「artDive」(インテックス大阪)

 「arteVarie」(インテックス大阪)

 「arteVarie」(東京ビッグサイト)

 

2014年 

 「マツドアケミセレクトショップ LOVE MOTIF」(大阪・阪急百貨店うめだスーク)

             

2013年

 「第3回クリエーター作品展」(福岡・井筒屋コレット)

 個展「ナカノカナ展」(長崎・ギャラリーカフェ三花嶺)

 「クリエーターズマーケット」(ポートメッセなごや)

 

2012年

 「第2回クリエーター作品展」(福岡・井筒屋コレット)

 「クリエーターズマーケット」(ポートメッセなごや)

 「アート&てづくりバザール」(大阪ATC)

 

 

【メディア等】

 

2013年

 TV佐世保「スポットインさせぼ」でご紹介いただきました

  雑貨の仕事塾「雑貨のお仕事プリンセス」でご紹介いただきました

  (敬称略)